Kaz Works

テクノロジーは人に寄り添ってこそ意味があるらしい

大野部長の長い1日

東証システムの月曜日は早い。朝6時にバッチ処理が終わり、業務開始前の


東証は終日までの売買停止を決めた。これは売買システムが稼働してから初めての出来事である

大野はしばらく呆然として晴海オフィスを眺めた。腹を切るしかない

A systemの管轄は開発第一の第二システム部(通称二シス)である。櫻井の内線に電話した

「櫻井です」

「大野ですが、おいそがしいところ申し訳ないが状況を説明してくれ」

「なんとも・・・現在現場を当たっているメンバーに聞いていますが要領を得ないのです

「つまり?」

「原因不明です。ただ朝9時の取引かいしには間に合わないかと・・・インフラチームからはNASの切り替えがうまくいってないのでは、と」

NAS冗長化はしてるんだろうな?

「もちろんです、主系統が落ちても服系統に切り替わるはずです、はずですが・・・」

どうも状況が掴めない、現場が混乱していることだけが電話越しの会話から聞こえてくる。バックアップに切り替えろ・・・復旧目処は?ユーザへの連絡、早く


早く第一報告のじかんを決めないと、しかし虚偽の報告になるとそれ以降信用されないくなる。30分後か・・・大野はながねんの経験からそう算出した。大規模システムの障害対応になんどもけいけんした動物の感だ

「7時30分にユーザーだいいちほうこくだ。それまでにわかることだけをまとめてくれ。事実だけでいい。わからないことはわからないでおしとおす

「すみません

なるべく状況をまとめている

櫻井は憔悴しきっている。仕事はできるが気が弱いところがある。倒れなければいいが・・・大野は10年前のぎんこうの勘定系トラブルをおもいだした。メガバンクのATMが全てストップしたぜんだいみもんのシステムトラブルである。当時のFはめいんのベンダーではなかったため、障害対応にちょくせつ携わっていない、いないが火事の熱量はじゅうぶんすぎるほど


ついに頭取が交代するまでに事態は悪化した。それほど社会インフラとよばれるシステムの責任は重い。

「24時間だな」

「は?」

「今日中にトラブル解決をもくひょうとする。出なければ全員の首が飛ぶと思え」

開発部おふぃすのぜんいんがこおおりついた。

「みんな全てのさぎょうを止めて障害トラブルに当たること。部間の壁はなくすようにしてくれ。全員が当事者意識を持つように。」


ここで東証しすてむの概要をおさらいしておこう。

2000年に更改されたこのシステムは「ドントストップ」を

僕は一人

池袋の居酒屋でひとり、ホッピーの黒を流し込むと「生きている」と思うのです。部屋にいても、オフィスにいても孤独感は増すばかりです。辛うじてTwitter のタイムラインをのぞけば、大丈夫?と声をかけてくれる仲間?はいます。会ったこともありません、顔も知りません、大切なのは寂しい時に声をかけてくれる、または反応してくれるということです。なぜかしら彼らは行間から意図を飲むのが上手いのです。人と喋るのは苦手ですがネットであればあるいは意思疎通ができるのでしょう。人と喋るのは苦手ですが深夜に寂しい時に呟くと、必ず大丈夫?オッパイもむ?と反応してくれます。寂しい寂しいと呟いてはハルシオンを流し込みます。ネットゲームはこどくを埋めることはできますがついには金を産むことはできませんでした。ネットも貯金もできません、辛うじてアニメと漫画を読むことはできます。


十二月の七日に僕は一人でした。世間はクリスマスやら正月で楽しそうでした。鬼滅の刃の一巻を購入して、綺麗になった、池袋の公園で寒い中ブルブルとふるえながら、でも、大切にページをめくりました。これだけは大切に読みたいと思って楽しみにしてたものです。一ページ一ページを一つでも取り逃がすものかと、大切に読んだのです。22巻は大人気でどこでも買えないそうです。


ふと、となりの人も同じ漫画を読んでいました。

或る街の風景

池袋の駅前は人で溢れて、まるで洪水のようでした。コロナ禍で自粛とは関係ない顔で闊歩している男女が多かったように僕には見えました。いや、僕の心がそう見せたのかも知れません。「コロナは嘘でした」来年あたりそんな報道がされるのではないかと思うほどこの国は平和そうに映るのです。僻み根性があるいはそうさせるのかも知れません。自殺率は上昇を続け、GDPは中国に抜かれ、年収は下がる一方なのに池袋に来るとそれが忘れられるのです。生きる熱意のようなものがこの街には確かにあります。自分が消費しない代わりに他人が消費するのを眺めるのが最近の僕の習慣なのでしょう。大食いタレントが10人分のラーメンを食べるのを見るようなものかもしれません。一人きりでアパートの部屋に引きこもると寂しさで押しつぶされそうになり、夜10時という中途半端な時間に東武東上線に乗り池袋へ目指します。特に何をする訳でもなく人々を眺める。そう言えば昔女の子と人間観察をしたことがありました。何を喋るでもなく小一時間同じ時間を共有すると少し二人の距離が縮まった様な気がするのです。保育士を目指して貧乏な女の子だった。子供が好きで彼氏持ちで僕に興味のない女の子。その記憶すらも僕が都合のいいように改変された過去なのかもしれません。過去は美化されていくものですから。だから人は思い出を懐かしく語るのです。

Twitterのタイムラインを眺めたり、街を眺めたりを交互に続けるとインターネットで起きたことなのか、現実に起きたことなのかわからなくなるようになりました。トランプが選挙に負けました、株価が上がりました、新しい薬が承認されました、アイドルが浮気をしました、新しいゲーム機が発売されました。一体どこまでが現実でどこまでが虚像なのでしょうか?そもそも僕が考えてることそのものが、組織に作られた偽の記憶なのかもしれません。ああ、組織ですか?僕が勝手に妄想しているFBIや公安のような巨大なものです。僕が思っていること、もの、見てる景色、それらが「そこにある」という証明は誰もできません。1メートルの定規が1メートルである証明には別の定規が必要です。またその定規を証明するにもまた別の定規が必要になり、永遠と1メートルの証明はできません。それらと同じようにあるいはこの現実を証明する術はあるいはないのかもしれません。もうとっくに世界なんて破滅して我々の肉体は宇宙のちりとなり、僕たちが考えていることはたぶん、電気信号のオンとオフの違いなだけで政府の都合の良い景色を見ているだけなのでしょう。認知症の母を見ると一体どこまでが人間でどこまでが人間じゃないのかわからなくなってきます。排泄すら満足にできない大人を人間と言っていいものなのか、少なくとも選挙権はこの国に認められております。であるなら辛うじて人間なのかもしれません。犬のように汚く臭い飯を食う「それ」を眺めながら人権について考えてみましたが思考はまとまらず空を回るだけなのでした。携帯代金もまともに払うことも出来ず、バイト先では罵倒され、人に有らずと烙印を押された僕は逃げるように東京にやってきました。2008年の春のことです。アメリカの大手証券会社がつぶれ、株価は暴落し、政権が変わり、アムラーという亜種が渋谷を闊歩したころの話です。鬱が進行すると服用する薬が増えます。睡眠薬やハルジオンは僕のお守りのようなものになりました。


バイトへ向かう時にこっそりと鞄に薬の瓶を忍ばせておきます。薬を摂取することはありませんが、店長に怒られた時、薬の瓶に触れるだけで少し気分が楽になるのです。

(大丈夫、気分が落ち込んでもこれを飲めば寝れるはず)

大丈夫、大丈夫、大丈夫と3回心で唱えます。おばあちゃんから教えてもらった呪文のようなものです。


僕は人間ではなくなりました。かつて芸人を目指したこともあります。芸人は僕にとって憧れであり神様のような存在でした。悲しいことを笑いに変える能力を、たしかに彼らは持っていました。ゴミをダイヤに錬金する錬金術師だと思ってました。そんな芸人に憧れオールナイトニッポンハガキ職人を2年ほど続けました。何度かハガキを読まれたことはありましたがついには、放送作家になることはできませんでした。パーソナリティの「東京へ来い」という言葉もありがたいと思いました、思いましたが人間嫌いの僕がまともに大人達と喋れるはずがありません。MCもかつて人見知りだったと公言していますが彼と僕を分つものは何だったのでしょか?それは些細なことのようなことにも思えますし、あるいは決定的なことのようにも思えます。池に映る月と本物の月が姿が似ていてもまったく本質は異なるように。僕は池に浮かぶ月をいつまでもいつまでも掴もうとしているのです。そこにあるのにいつまでも掴めない月、はかなくもろく、そして残酷なのはそこにいない、ということです。

 


全て失いました。母親もハガキ職人も芸人になるという夢も。

 


そういえば父親に会いました。先月のことです。

 


たとえば来週見たいアニメがあるから生きていけると言ったら人は嘲笑するでしょうか?僕の体、心、そして精神は全てアニメでできています。かろうじて呼吸できるそのエネルギーをあの二次元と呼ばれる仮想空間から摂取しているのです。現実はどこまでも厳しく仮想空間はどこまでも優しい、それが罪だと誰が言えるのでしょう?たとえ現実の女性を愛せないとしてもそれがなんの悪影響を与えたてるのでしょうか?少子化が止まらないのは僕のせいではなく社会のせいです。バイトがまともに出来ないのも人と喋れないことも僕のせいなのでしょうか?

 


アニメと映画とジャニーズとその仮想空間にどれだけの違いがらあるかぼくはわかりません。すくなくともぼくは攻撃することをしないのに奴らは(あえて強い言葉を使います)僕を見つけては嘲笑しあぜ笑い攻撃します。なんのために?僕もわかりません。一体、ひとを攻撃することになんの意味があるのでしょう?


もし、賢者と呼ばれるひとがこの世にいたら問いたいです。なぜひとはひとを攻撃することをやめられないのか?と。弱い人がさらに弱い人を探し罵倒し攻撃することに何の意味があるのでしょうか?そのか弱く脆いひとはあなたになにをしたのでしょう?気分を害したというならばその存在を消してくれるだけの勇気を持って欲しかった!ただ少し僕はおもうのです。

 

秋葉原駅の深夜でひとりたたずみながら僕はそういったまとまらない思考とただ戯れるだけなのでした。

秋の秋刀魚

商店街の通りには大抵、大衆居酒屋がありまして秋になると秋刀魚とサッポロビールの大瓶でやるのが習慣になりました。独身男を40年間もやってると大抵が面白くもない顔をしてグラビアアイドルやら芸能人の不倫などどうしようもない記事を読むのが楽しくて楽しくてたまらないのです。昔はバンドをやったり、それなりの小洒落た格好をしておりました。わずかですが恋人もいたもんです。しかしながら中年になると誰も声をかけてくれません。新宿の呼び込みか新興宗教の勧誘ぐらいなものです。寒くなると人恋しくなり一人で飲むのが嫌になってきます。安酒を喉に流し込んで、大抵は安いサウナに泊まるのです。一人暮らしの部屋が急に狭くなるのです。あのギシギシとうるさい音を立てる安アパートがどうしても嫌になってしまいます。まあるい穴が空いてるように思うんです。部屋の中の全てを飲み込むブラックホールみたいなもんですな。その孤独を埋めるように風俗へ通っていました。ピンサロやデリヘルありとあらゆるものです。いつか性病を患いすっかり引退してしまいました。ガールズバーメイド喫茶もまるで興味がなく折角の休日も散歩して立ち読みするぐらいしか楽しいことがないのです。

そうです、独り身の中年ほど暇な人種はいないのです。子供を儲けていればあるいは、子育てが忙しかったりするもんです。若い者は恋やら仕事やらで忙しいでしょう。知人もなにやらいそがしそうに毎日を謳歌しております。いや、わたしにはそう映るのです。

「太田くん、太田くんよ」

嫌な上司から名前を呼ばれました。ぼーっとすることがよくあるため「なまけもの」とよく呼ばれます。パワハラじゃないか、と思うのですが強く言えない性格が、あいもかわらず損な人生を歩ませています。

「君の報告書見たけど、これさ、ひどいね」

「はあ・・・」

「はあ、じゃないよ。記載欄に書いてあるぢゃないか、太田金一って。君の名前じゃないの?」

「たしかに、書いてありますな」

「でしょ?名前がかいてあるかぎりは責任持って仕事してもらわないと」

だいたいこの報告書はお前が書くものだろ、と喉にでかかりましたがぐっと堪えました。口論になっても大抵は私が負けるのです。抵抗せずに言われたことをやるほうが、解決が早いというのはこの20年間で培った処世術、のようなものでした。

パタパタと夜遅くまでオフィスで残業をひとりでやっていると、まるで世界で自分しかいないような錯覚を覚えるのですが、いまのじぶんにはこれがなんだかちょうどいいのです。いえにかえってもテレビをみるかラジオを聞くことしか思いつきません。嫌な上司は新人歓迎会と称して若い連中と飲みにいくと言っておりました。奴は気に入った連中を周りに置くのが好きな奴なんです。見たくない顔を見ずにすむのは、こちらにとっても幸いなことです。

「太田さん、またひとりで残業ですか?」

声をかけてくれたのはさゆりさんという若いじょせいです。

年齢は20歳だったと思いますが、ずいぶんしっかりした雰囲気で職場の人気ものです。私みたいなしがない中年にも声をかけてくれる、優しい方です

「ええ、報告書がボスの気に食わないものだったらしいのでその修正です。でもきょうは大丈夫、終電には間に合います」

「いい加減、しごとの断り方を知った方がいいですよ。はいはいとなんでも請け負ったらじぶんの仕事なんて全然すすまないじゃないですか。みんな太田さんに仕事をふって飲みに行っちゃって、損するのはあなたなんですからね」

「はあ・・・」

はっぱをかけられているのか、怒られているのかよくわかりませんがさゆりさんは私のことをよく気にかけてくれます。ご飯は食べているのか、服装はきちんとしているのか、どっちが年上かわかったもんじゃありません。昔こんなことがありました。社内政治に疎い私は要領の悪さも手伝い、飲み会の幹事をやらかしたことがあるのです。つまり誰を呼んだらだれを呼んじゃいけないという類のものです。上司には辛辣な言葉を浴びせられた、なんとも酷い飲み会でありました。それ以来、飲み会の幹事は懲り懲りだとそれだけは上司には報告しております。そんな時もさゆりさんは優しい笑みを浮かべて、しょうがないわねと各方面に誤りに行ってくれました。また彼女の株は上がり、私は厄介者のレッテルを貼られるのです。

「すみませんすみません」

私は枕詞のように謝るのが癖になりました。まわりはペコペコと謝るぺこちゃんとよばれるのでありました。

歴史(ワールドネット創世記)

2051年 宇宙エレベーターの完成、武蔵小杉タワー、京都ツインタワー、札幌ブルータワーの三機が運用

2055年 AI人格保護に関する法案「アンドロイド保護法」が施行される

2099年 ワールド・ネットワークスが完成された世界の98%が高速ネットワークインフラで常時接続される。プータンなどその他二十三ヶ国は接続を拒否、独自プロトコルの運用を決める。

2099年 グリフィス・ダブルナインが完成「北」に対する最終防衛インフラとして稼働

2099年 クーデター未遂事件、SNAPSにより22人が国家転覆罪として殺害される。

2100年 温暖化が進み、海上が3センチ上昇する。

2101年 マヤのバージョンアップ終了が宣言される。同時にマヤプロジェクトが解散。最終バージョンであるマヤ・テンは2150年まで稼働。

2105年 フロントライン大阪→フロントライン東京が開通

2109年 同時ハッキング事件発生、学生によるハッキング集団「あけぼの団」により首都機能は麻痺、SNAPSにより十五人の若者が殺害され、二十五人が逮捕された。同時に政府によるネットワークの不正傍受が明らかになり社会問題になる。

2019年 サイクロン砲の完成

2200年 「北」による日本上陸。ニイガタナガノが陥落し東北地方が事実上の占領下に置かれることになる。政府は首都機能を川崎サウスアイランドまで移動させる。

2222年 ニュージェネレーションによるデモが活発化、虎ノ門広場に100万人以上が集結する。

2222年 オープンソースプロジェクト「パーフェクトプロトコルプロジェクト」が発足

2210年 停戦、日本は二度目の敗戦国となり、東と西に分断されることになる

2215年 日本の人口が5500万人以下になり、政府は非常事態宣言を発表。少子高齢化問題がより深刻化する。

2217年 戦後特需により景気が回復する。

2218年 人類初の完全仮想人格「アダム」が完成する。人間の脳を100%シュミレーション。ネットワークス上のクラウドに移行した、肉体を超えた存在は理論上、永遠に生きづけると言われた。しかしその後、フェイクニュースであることが発覚

2220年 千葉が日本政府に対して独立戦争をしかける(千日戦争)

2221年 アメリカが北海道の一部を買収する

2222年 韓国から福岡を繋ぐリニアモーター「飛燕」が開通し、日本人との混血が進む

2230年 量子コンピューター「マルチ」により第三の衛星の存在が発見される。

2233年 再び海上が3センチ上昇する。人類滅亡まであと30年。

ある中年男性の憂鬱(前編)

言い知れぬ不安がどこから来るのか分からないでいるまま、40という年齢を迎える。社会情勢が大きく変わり「新しい生活様式」という、ほとんど冗談みたいな時代が、本当に訪れてしまった。まるでつまらない喜劇の設定のようだ。去年の常識は今年の非常識となり、そして新しい時代がどのような形になるのかまったくわからないでいた。社会や国のことを勝手に心配し気が滅入ってくる。こんなときは目の前のことに集中するしかないのだ。将来のことが不安でいまを生きることができないのは、もっとも愚かなことだ。猫はその日暮らしだ。貯金も保険も必要ない。今日を生き抜くか、それとも死ぬか。ただそれだけだ。そのように生きることができればあるいは楽なのに、と愛猫のシナモンの背中をさする。

やりたいことをやりたいのだが、それがなんだったのか忘れてしまった。若い頃は楽しいことがたくさんあったような気がする。コンピュータゲームやプラグラミング、旅行、飲み会、恋愛など、世界には美味しいもので溢れているしどんな味か想像するだけで毎日は煌びやかだった。いや、それもあるいは幻想なのかもしれない。若い頃は辛いことだってきっとあったはずだ。それを都合のいいように自分の記憶を改変できるのが、人間の強さか。

思うに家族やそれなりの立場を手に入れることで「やらなければならないこと」が増えすぎた。そこでじぶんの欲望を抑制しすぎたのかもしれない。会社にはいって、恋をして、結婚して、一戸建てを購入し、子供をもうける。それは教科書に書いてある模範的な人生だ。果たして自分が心からやりたいことなのか、それはわからない。もちろん天涯孤独であることは避けたいのだが。

ベランダから子供の遊ぶ声、学校のベルの音が聞こえる。その全てはやがて日常へと変わるだろう。今はその変化に戸惑っているだけなのだ。いずれ慣れる、フランスのオペラの一文を呟いてみた。この光景もコロナも人の死もいずれ慣れて日常へと化す。自分の肉体が消えることを考えた。人々の記憶からも無くなっていくのだろうか?せめて、子供達には自分が生きた証だけは覚えていてほしい。私の墓も何年かに一度訪れてくれるだろう。それぐらいのわがままは聞いてほしいと切に願う。

全ての創作は模倣から始まるらしい。まずは真似をしてみるか。料理だって始まりは誰かのレシピから始まる。そして徐々に崩したっていいのだ。可能性は無限にある。公園で踊るピエロだって、地方の政治家にだってなれるはずだ。自分を縛っているのは社会ではなく、あるいは自分自身かもしれない。

 

物を書く男の物語

じめじめとしたハッキリしない天気の日でもう何日も外へ出ていない。小説家という職業は基本的に人に会わず部屋の中で黙々と文章を打ち込む。かれこれ、何日も人と喋っていない。人恋しいかと言われれば確かにそうだが、サラリーマン時代に比べれば嫌な上司にも会わないし、満員電車も関係ないこの生活を満足とは言えないまでも、十二分に気に入っている。社会から断絶され自分の世界に閉じこもってると、世界の境界線が曖昧になってくる。どこからが自分の世界でどこからが外部の世界なのか。つまりは自分の頭の中の話なのか、現実に起こっていることなのか判断が難しくなるのだ。先週も地震があったらしい、らしいのだがそれが小説の話なのか、世界で起きていることなのか、頭がぼんやりしてうまく判断できない。インターネットを検索してもそれらしい記事にぶつからないので、あるいは最近読んでいるアメリカ文学の小説の中の出来事かもしれない。

作業が佳境に入ってくると自分でコーヒーを入れるのも億劫になりインスタントコーヒーを飲むようになる。過剰にカフェインを摂取すると体に悪いことはわかっているのに、その無駄な行為を止めることができないのはなぜなのだろう?一種の自傷行為だと私は理解している。人は決して合理的な動物ではない。不貞行為を行い、汚職を犯し、金のために人を殺す動物だ。殺人は最もコストの悪い行為だと何かに書いてあった気がする。世の中に存在するそのほとんどの問題は殺人でもなく、金か考え方で解決することが多い。もちろんこれは一般的な考え方だ。例外も存在するし、ケースバイケースである事は否めない。


「ピーピーピー」とヤカンが湯を沸かす音を告げる。

やれやれとだれに告げるでもなくひとりごとを呟き、お湯をコーヒーカップに注ぎ、泥のような味のするコーヒーを喉に流し込んだ。まるで楽しむための時間とは言えない。


妻は外に出ているらしい。


もう何年も売れない小説を書いている。エンジニアを辞めて、専業小説家からプロに転向したが、思い描いたキャリアとは程遠い位置にいる。が、それはそれでいいやさと、諦めにも似た境地いる。それが私らしいと言えば私らしい。